2007/04/16

薬の副作用で下痢に苦しむ。

 5月下旬に最初の入院先の福大病院を退院し、通院に切り替えてから主治医との間に色々あり、妻は余計なストレスを抱えるようになりましたが、それでも病院を出て自宅に居るというのは本人の精神状態にはよかったようです。

 ただ病院と違うのは24時間監視体制の中にいて、何かあればすぐ看護師さんが対応してくれるのとは違い、すべて自己管理の下に行わなければならない苦しさがあります。
しかも、まだ妻が日常生活はできる状態だったので、私は毎日事務所に出かけていました。
 いま考えるともっと妻との時間を最優先すべきだったと反省していますが、当時は逆に治療費等のこともあり、より仕事をしなければと思ってもいました。
この辺がフリーの辛さです。

 退院後の妻の容態は表面上はほとんど変化がないように見えました。
ただ、調子がいい日と悪い日があり、その度に家族も一喜一憂していました。
それでも当時の状態は後の一進一退とは比べものにならないくらい明るいものでした。
しかし、この頃から薬の副作用なのか何か分かりませんが、下痢をするようになりました。

 6月中旬のある夜、夜中に目を覚ますと妻が起きて新聞を読んでいました。
下痢が激しくて夜中に何度もトイレに行っていたようです。
あまり頻繁に行くから、どうせ寝てもすぐ行かなければならないのだったら、いっそ起きていた方がいいと思ったようです。
 ここ数日、下痢が続いているだけに、妻は不安そうでした。
そこで私が病院からもらった薬を調べてみると、その中に1つ便通の薬があったので、下剤のせいではないかと思い、明日から取り敢えず便通の薬を飲むのを止るようにと伝えました。
ところが、明け方にとうとう漏らしてしまったようです。

 そう聞くとちょっと心配になり、天神の検査クリニックに診断書を書いてもらいに行ったついでに、妻の下痢のことを話して相談しました。
妻はここのクリニックで膵臓に異常がありそうだと発見されたのでした。
膵臓が弱ってくると下痢をすることもある。
院長のその言葉に思わず目が潤みそうになりました。
せっかく表面的にはいい経過を辿っているように見えても、決して楽観できない。
そう感じました。

 明日は一緒に映画を見に行く予定でしたが、閉鎖空間で風邪等のウイルスに感染でもしたら大変と思い、取り止めることにしました。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home